top of page

両関(ドライエボリューション)


「Dry Evolution」

五百万石50%精米

酸度1,6アミノ酸1,0

日本酒度+9.4

アルコール15度

酵母は非公開


ドライエボリューションは「五百万石」50%精米で、日本酒度+9.4度という辛さ。

パリッと辛いのではなくて、ほどよい辛口の中にも旨味が広がる

旨辛口タイプの夏酒純米吟醸酒の仕上がりです。

五百万石を使用しながらも、秋田らしくシャープすぎない旨みと辛さの両立と

キレすぎない、ほどよいのど越しのさばけ方が料理との相性も抜群です。

「十四代」の技術指導とか「裏十四代」などともいわれている「花邑」のミチッとした濃密な甘さと旨みとキレからステージを変えた、

さわやかな甘さのSweetと旨辛口のDryの新しい表現です。

生原酒になって、さらに口当たりのシルキーな印象がはっきりしています。

今年はより洗練された印象となりました。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page