top of page

12年



3,11メモリアル酒「ゴールデンスランバ」

福島県浪江町の海岸そばにある蔵が津波で流され 原爆から5キロ以内のため避難困難地域となり、故郷を離れ山形県長井市に移って酒造りを続ける「磐城壽」渾身のしぼりたて生

東北つながりで協会6号酵母+福島のF7-01酵母を使用、福島産夢の香り55%精米、

アルコール度15%原酒、生もと仕込み

東北発の原材料を使用 清々しい明るさをもつ酒質を目標に仕込んでいます

「明日のため思いをひとつに 被災地と被災者に寄り添うこと」

「震災を風化させず、亡くなった命と今ある命を尊び結ぶこと」

を目標にしたのが この「ゴールデンスランバ」です

今回は仕込みが長引き もろみの上槽がなんと3月7日でした

そのため 今回は上槽オリ引きしないで

にごりのままのボトリングしての出荷となりましいた フレッシュ!!

    

                                  酒店ブログより


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page